1. ホーム
  2. CSR・社会・環境
  3. ワークライフバランス

ワークライフバランス

ワークライフバランスの支援

会社で働く全従業員が、個々のライフスタイルに応じて、仕事と個人の生活を調和させながら、自分らしく「やりがい」と「充実感」を持って活躍できるように、生涯にわたり従業員を支援できる人事制度の充実に取り組んでいます。

制度・取り組み 内容
育児休業制度 1歳に満たない子と同居し養育する者は、子が1歳もしくは、1歳6ヶ月に達するまで休業することができる。(条件・申し出により最大2歳まで延長可)
育児短時間勤務制度 小学校就学年の7月31日に達するまでの子と同居し、養育する社員は、申し出ることにより、所定労働時間を1日6時間を下回らない範囲で変更することができる。
子の看護休暇制度 1年間につき10日間(当該子が2人以上の場合は1年間につき20日間)を限度として、半日単位で休暇を取得することができる。
介護休業制度 対象家族1名につき、原則として、通算93日間の範囲内で3回まで分割して取得することができる。
介護短時間勤務制度 要介護状態にある家族を介護する社員は、申し出ることにより、対象家族1人につき短時間勤務利用開始から連続する3年間で複数回、所定労働時間を1日6時間を下回らない範囲で変更することができる。
介護休暇制度 1年間につき10日間(当該要介護者が2人以上の場合は、1年間につき20日間)を限度として、半日単位で休暇を取得することができる。
在宅勤務制度 在宅勤務の契約期間は、1回の申請で「最長1年間」とし、情報通信機器等を活用し、労働時間の全部又は一部について、自宅で業務に従事することができる。
再雇用(カムバック)制度 1年間につき10日間(当該子が2人以上の場合は1年間につき20日間)を限度として、半日単位で休暇を取得することができる。
労働時間削減の取り組み (時差出勤制度) 業務計画に合わせて、就業時間・始終業時刻を自主的に選択できる。
労働時間削減の取り組み(ノー残業デー) 毎週水曜日をノー残業デーとし、基本定時での帰宅を促す。

一般事業主行動計画の策定・実施

リンナイでは、「次世代育成支援推進法」に基づき、一般事業主行動計画(第5期:2019年度~2022年度)を策定しています。

第5期 一般事業主行動計画
1.計画期間

2019年4月1日から2022年3月31日まで

2.内容

目標1:育児と仕事の両立を実現するための職場環境の整備及び意識改革

<対策>
  • より柔軟な勤務形態の拡充(短時間勤務制度の期間延長など)
  • 管理職の意識向上(研修プログラムの整備と産休前・育休中・復職後面談の徹底継続)

目標2:ワークライフバランスの充実に向けた取組み推進

<対策>
  • 業務負荷低減活動の推進(サテライトオフィスの設置・社内ルールの見直しなど)
  • 管理者の業務マネジメント支援(勤怠システムのさらなる改善)
  • 有給休暇の取得促進

健康増進活動の充実

専任保健師による個別健康指導
専任保健師による個別健康指導

当社は、健康支援室を設置し、専任保健師による従業員の健康増進活動を実施しています。個別健康指導や相談、生活習慣病対策などの健康情報提供をはじめ、健康づくりセミナー実施などにより、健康支援体制の充実を図っています。

メンタル不調を生まない職場環境をめざし、管理監督者向けメンタルヘルスセミナーや、長期の休職に至った従業員に対する職場復帰支援プログラムを用意し、リハビリ出社を通じて円滑な職場復帰が図れるようにサポートしています。2018年度はメンタル不調時や休職中の面談に加え、復職後の面談回数を17年度比およそ1.5倍に増やし、メンタル不調による休職を未然に防ぐとともに、休職者の円滑な職場復帰に向けたサポート体制を強化しました。

従業員の食堂利用においても栄養士と連携し、従業員の健康を考慮したメニューの考案に取り組んだり、血管年齢・骨密度・鉄分・肌年齢チェックなどのヘルスキャンペーンを実施し、健康意識の向上をめざしています。また健康づくりセミナーとしてウォーキングセミナーを開催し、減量・体力づくりの意識付けも行っています。

管理監督者向けメンタルヘルスセミナー
管理監督者向けメンタルヘルスセミナー

社内イベントを通したCSRへの理解向上

リンナイタイ従業員によるサンゴ保全活動
リンナイタイ従業員によるサンゴ保全活動

当社グループは、様々な社内イベントを通して従業員同士の交流を図るとともに、CSRへの理解向上に努めています。優れた環境活動を表彰する「リンナイグループ環境大賞」を毎年開催し、2018年度は過去最多となる127件の応募があり、製造、オフィス、販売、社会貢献の分野別に優秀事例10件を表彰しました。

海外グループ会社でも同様に従業員の交流を図るとともにCSRへの理解につなげるイベントを開催しています。毎年9月にリンナイオーストラリアでは毎日1万歩を歩くことで脳性麻痺支援となる寄付を行うSteptemberイベントに参加し、従業員自身の健康と脳性麻痺に関する理解につなげています。

  • リンナイタイでは毎年、従業員による環境保全イ ベントを実施しています。2018年8月には従業員50名がサンゴ保全活動として海岸周辺の清掃とサンゴの植樹活動を行いました。

    2019年5月には当社グループの環境人材育成の取り組みが評価され、環境省主催「環境人づくり企業大賞2018」にて優秀賞を受賞しました。

    • Steptember周知ポスター(リンナイオーストラリア)
      Steptember周知ポスター
      (リンナイオーストラリア)
    • 環境人づくり企業大賞2018「優秀賞」トロフィー
      環境人づくり企業大賞2018
      「優秀賞」トロフィー

家族の生活を豊かにする取り組み

家族の生活を豊かにする取り組み

当社は、従業員が「リンナイで働いてよかった」と思える職場環境、風土づくりをめざして、各職場から会社に対する意見を確認し改善していくことを目的に、従業員組合と労使協議会を定期的に開催しています。各事業所特有の課題を共有、制度の見直しなどを通して改善を進め、有給休暇取得の推奨活動や「都市手当」の新設、介護セミナーを実施しています。また従業員組合が主催するスポーツ大会、ボウリング大会、ウォーキングフェスティバルなどの健康増進イベントへの費用支援を行うとともに、開発拠点や各工場では家族職場見学会も従業員組合と連携して行い、家族の仕事に対する理解につなげています。

「リンナイ従業員組合」主な取り組み
項目 概要
全国イベント ボウリング大会、バーベキュー大会、スポーツフェスティバルを通じて、社員および家族の健康維持、相互親睦を目的とした各種イベント
年代層別研修会 「心の教育」に主眼を置き社会人としての豊かな人格形成を養う場としての研修会