1. ホーム
  2. CSR・社会・環境
  3. 価値創造プロセス

価値創造プロセス

当社グループは様々な社会課題や事業活動における環境影響、また関係するステークホルダーの皆様の意見や期待を把握し、ESG指標を重視した企業運営を図っています。ESG指標を重視した経営戦略による価値創造プロセスの実施により、企業の持続可能な成長の実現と、持続可能な開発目標(SDGs)などの国際的な取り組みへの貢献に努めていきます。

リンナイグループの価値創造プロセス

価値創造プロセス:CSR重要課題(マテリアリティ)の特定

ステークホルダーの皆様との日々のコミュニケーション活動や、様々なガイドライン・ESGインデックスの調査・分析を通じて、当社グループに関わる様々な社会的課題の把握に努めています。そして経営企画部門を中心に、経営戦略と照らし合わせ、リンナイグループの価値創造プロセスを通してCSR重要課題(マテリアリティ)を特定しています。

CSR重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

CSR重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス CSR重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

CSR重要課題(マテリアリティ)の特定

当社グループに関わる社会的な課題を抽出し、ステークホルダーの重要度、当社グループの重要度をそれぞれ分析し、CSR重要課題を特定しています。

CSR課題の分類

CSR重要課題(マテリアリティ)の目標と結果

VOICE

取締役 専務執行役員 経営企画本部長 小杉 將夫
取締役 専務執行役員
経営企画本部長
小杉 將夫
リンナイスピリットで持続的に価値を創造する
人の暮らしの基本要素である熱や水、空気の利用を、より便利にするために、リンナイは長い歴史の中で技術革新に挑戦し続け、世の中になかったモノを、品質と安全を第一に考えて提供してまいりました。
品質・安全にこだわるからこそ、自社でコア技術を開発することと、モノづくりの革新にもこだわり、その商品・サービスを必要とする国に根付いた活動で現地社会に貢献するという、創業以来のスピリットと、それをグループの一体感と部門間の連携で追求していく企業姿勢こそが、まさにリンナイらしさであり、それを私たちの価値創造の原動力として、妥協することなく走り続けているのです。
地球と人類が永遠に共生し続けるために、一段とライフサイクルでの環境に配慮しながら、暮らしの中での一人ひとりの嬉しいことやこだわりに寄り添って、イノベーションで世界中の人々の暮らし方を、もっと快適で健康的で心地よいものに変えていきたい、それが私たちリンナイの願いであり、お客様へ生涯を通じて価値を提供し続ける継続的なサービスのデザイン力を高めるとともに、今まで培った独自の開発・生産・販売・物流・管理のビジネスモデルを環境変化に合わせて革新し、継続的に価値創造プロセスを進化させてまいります。