1. ホーム
  2. CSR・社会・環境
  3. 労働安全衛生

労働安全衛生

安全衛生基本方針

安全衛生は「働く人の命と健康を守る」という企業存立の基盤であり、当社の企業ブランドともいえる「安全、安心」をお客様に提供し続けるためにも、職場の安全衛生は何よりも優先すべき重要事項であると考え取り組んでいます。

2019年度 安全衛生基本方針

  1. 法令や社内ルール遵守で安全安心な職場環境づくり
  2. 職場環境の維持管理と改善
  3. 働き方改革・36協定の遵守
  4. 健康保持増進対策の推進
  5. 危機管理活動の推進
  6. 安全衛生教育・訓練による人材育成
  7. 交通安全活動の推進

安全衛生活動の推進

『リンナイ全社安全衛生委員会』を国内グループの運営組織とし、各拠点の安全衛生・防災担当者とともに活動を推進しています。
各拠点の安全衛生活動では、労災事例の水平展開・再発防止策、労使で構成する安全衛生委員会の設置、安全衛生パトロール、安全衛生活動の基本である5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)活動などを実施し、更なる安心・安全・快適な職場環境の実現に向けて取り組んでいます。

交通安全活動の推進

従業員の交通安全に対する意識向上を目的に、様々な啓発活動を実施しています。「ゼロの日」活動として、従業員自らが街頭に立ち、通勤社員への声掛けをしています。自動車学校を貸切っての実技講習、危険予測講座や適性検査など新入社員研修を徹底しています。また運転記録証明書により、社用車を運転する従業員やマイカーで通勤する従業員の安全運転実施状況を把握し、状況に応じた指導を行っています。安全運転エコドライブ推進システム(テレマティクス)を導入し日々の運転状況を把握、安全とエコの両面でデータを分析し有効利用しています。