1. ホーム
  2. CSR・社会・環境
  3. 株主・投資家とのコミュニケーション

株主・投資家とのコミュニケーション

投資家様向け見学会を通した企業価値の発信拡大 -ひふみの社会科見学 in リンナイ-

当社従業員による商品機能説明
当社従業員による商品機能説明

2018年12月、機関投資家のレオス・キャピタルワークス様との共同開催で、投資家様とそのご家族の方を招き、リンナイほっとラボ横浜にて施設見学会「ひふみの社会科見学 in リンナイ」を行いました。リンナイほっとラボは、専用レシピアプリと連動して自動調理ができるコンロ「デリシア」や、衣類を早くふっくら乾燥できるガス衣類乾燥機「乾太くん」などの商品の実体験ができる取引先様向け研修施設になります。見学会当日は当社経営企画部から投資家様へ当社の特徴や主力商品の説明を行い、その後、実際にガス衣類乾燥機によるタオルの乾燥体験や、ガスコンロの自動調理を利用した料理教室を行い、参加者の皆様に商品の理解を深めていただきました。

今回は投資家の方々に商品を体験していただくことで、リンナイの事業や魅力を理解していただき、また投資家の皆様の声を直接お聞きし、お互いにとって有意義な機会を設けることができました。

VOICE

レオス・キャピタルワークス株式会社 運用部 シニア・アナリスト 栗岡 大介様
レオス・キャピタルワークス株式会社
運用部 シニア・アナリスト
栗岡 大介様
商品の体験を通した「リンナイの豊かな生活に向けた取り組み」を実感
リンナイの商品を体験することができる施設「ほっとラボ」にてイベントを共催しました。お子様連れの親子、独身女性・男性など多様なバックグラウンドを持つ方々にご参加いただき、リンナイのキッチンで作った料理に舌鼓を打ちながら会社の過去・今・未来についてお話を伺いました。
「品質こそ我らが命」という想いを胸に世界中の人々の生活に寄り添い続け、2020年に創業00年を迎えるリンナイ。熱機器というモノづくりを通じて、豊かな生活という「コト」を各国で育み続けていることを参加者の方々の笑顔を見ることで実感しました。次の100年、ライフスタイルの変化の中で生まれるリンナイの「コト」づくりにも注目しています。

情報発信に関する考え方

適時・適切に公正で公平な情報をお伝えするとともに、株主や投資家の皆様との相互理解の深化や信頼関係を構築するため、双方向のコミュニケーションを重視したIR活動を展開しています。「リンナイ倫理綱領」および「ディスクロージャーポリシー」に基づき、当社グループの経営内容、事業活動状況などの企業情報を適時適切かつ公平に情報開示することを基本としています。

IR活動

  • 株主・投資家の皆様へ事業概況を直接お伝えする場として、また迅速かつ公平な情報開示の手段として、アナリスト・機関投資家向け決算説明会(年2回)、株主通信の発行(年2回)、コーポレートサイト上でのニュースリリースや決算説明資料の掲載、IRカレンダーなどによる情報提供を行っています。英語版ホームページでも日本語版と同様に決算情報や株主通信などのIR情報を掲載し、タイムリーな情報提供に努めています。

  • コーポレートサイトIRページ
    コーポレートサイトIRページ

機関投資家・アナリスト向けIR活動

  • 決算説明会(年2回)の開催をはじめ、スモールミーティング、個別訪問や電話取材などを通じて、機関投資家・アナリストの皆様への業績説明や意見交換を積極的に行っています。また、証券会社主催のカンファレンスへも参加し、IR活動の拡充に取り込んでいます。さらに、工場見学会を毎年開催し、当社のモノづくりへの理解を深めていただく機会としています。

  • 工場見学会
    工場見学会

配当に関する考え方

  • 株主・投資家の皆様に持続的に安定した利益を還元することが経営の重要施策の一つであると考えています。配当については、連結業績、株主資本利益率、財務状況などを総合的に勘案し実施しています。配当金については過去の推移含めこちらをご覧ください。

    配当情報

    株式構成(2019年3月31日現在)
    発行可能株式総数
    200,000,000株
    発行済株式数
    51,616,463株(自己株式を含む)
    株主数
    4,166名
  • 配当金について