1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 沿革

沿革

創立者 内藤 秀次郎 林 兼吉

1920年、創設された「林内商会」は、加圧式石油コンロの製造・販売から始まり、昭和初期までにはガステーブルコンロ、ガスレンジ、ガスストーブ、ガス湯沸器などのガス機器にいちはやく取組み、高い信頼と実績を築いてまいりました。

年表

1920 内藤秀次郎と林兼吉により「林内商会」創設
1923 ガステーブルコンロ、ガスレンジ、ガスオーブン、ガス湯沸器などを全国のガス会社へ納入及び輸出開始
1938 軍の監督工場となり、航空機部品を製作
1940 「林内航空機製作所」と改称
1947 本社に工場を再建
1950 株式会社に改組し、社名を株式会社林内製作所とする
1954 東京営業所(現関東支社)を開設
1956 大阪営業所(現関西支社)を開設
1957 愛知工場(現中部支社)を新設
シュバンク社(独)と技術提携し、赤外線ガスバーナーを製造販売、この応用によりストーブ、各種焼物器を開発
1960 印場工場(のちに旭工場)を新設
1961 福岡営業所(現九州支社)を開設
1963 仙台出張所(現東北支社)を開設
札幌出張所(現北海道支店)を開設
1964 大口工場を新設
1967 技術センターを新設
1968 新潟出張所(現新潟支店)を開設
1969 名古屋営業所(現中部支社)を開設
1970 台湾林内工業を設立
柳澤製作所と業務提携
山内洋行(現アール・ティ・エンジニアリング)へ出資
1971 社名をリンナイ株式会社に変更
アール・ビー・コントロールズを設立
リンナイオーストラリアを設立
1972 ガス高速レンジ(コンベック)で日本瓦斯協会より太田賞を受賞
1973 リンナイマレーシアを設立
1974 リンナイコリアを設立
リンナイアメリカを設立
1975 リンナイニュージーランドを設立
伯陶リンナイ機器を設立
1976 リンナイインダストリーズ(UK)を設立
1979 株式(名証二部)上場
リンナイ精機を設立
瀬戸工場を新設
1981 ジャパンセラミックスを設立
磯村機器(現リンナイテクニカ)と業務提携
1982 株式(東証二部)上場
1983 広島営業所(現中国支店)を開設
株式(東証・名証一部)上場
1984 高松営業所(現四国支店)を開設
1985 不完全燃焼防止装置付湯沸器で日本瓦斯協会より太田賞を受賞
1986 超コンパクト給湯器で第一回中日産業技術賞、日本瓦斯協会より技術大賞を受賞
1988 リンナイインドネシアを設立
香港事務所を開設
1990 筑波研究所(現つくば研修センター)を新設
リンナイタイを設立
能登テックを設立
1991 リンナイシンガポールを設立
1993 上海林内を設立
1994 本社新社屋竣工
1995 国内全工場でISO9001認証取得
1996 リンナイホールディングス(パシフィック)をシンガポールに設立
IAS(インターナショナル・アプルーバル・サービス)から検定代行機関として認証取得
1998 林内香港を設立
リンナイベトナムを設立
1999 ガスターと業務提携
アール・ジーを設立
2000 高効率コンデンシングガス給湯器で省エネ大賞(通商産業大臣賞)を受賞
2001 高効率コンデンシングガス給湯器で日本瓦斯協会より技術大賞を受賞
2003 国内全工場でISO14001認証取得
内炎式バーナー搭載ガラストップコンロで省エネ大賞(省エネルギーセンター会長賞)を受賞
2004 広州林内燃具電器を設立
2005 コンデンシング給湯暖房機(エコジョーズ)で日本瓦斯協会より技術大賞を受賞
2006 上海林博熱能技術を設立
ミストサウナ機能付浴室暖房乾燥機で日本瓦斯協会より技術大賞を受賞
2008 リンナイイタリアを設立
総合物流センターを開設
ガス瞬間式給湯器で、アメリカの省エネ推進機構より「スーパー ノバスター アワード(エネルギー効率大賞)」を受賞
2009 リンナイカナダホールディングスを設立
2010 生産技術センターを開設
2011 西日本お客様センターを開設
2013 暁工場を新設
業務の統合に伴いリンナイパーツセンターを開設
2014 ハイブリッド給湯・暖房システム「ECO ONE(エコワン)」で省エネ大賞(経済産業大臣賞)を受賞
北海道向けハイブリッド給湯・暖房システムで北国の省エネ・新エネ大賞を受賞
2015 オーストラリアのブライビスクライメイトシステムズを買収
ドバイ駐在員事務所を開設
2016 ガスターを連結子会社化
2018 東日本物流センターを開設
2019 ブランドプロミスを策定、Rinnaiロゴを一新