1. ホーム
  2. CSR・社会・環境
  3. 人材育成

人材育成

「高い倫理観を持ち、目標に向かってたゆまぬ努力で挑戦し続ける社員を育成する」を基本的な考えとして常に率先実行し、事業を牽引できる人材の育成を推進しています。階層別研修、専門研修、OJT実践指導と海外も含めた職場異動ローテーションにより、自己成長への多くの機会を提供しています。

OJTを基盤とする人材育成

「人を最も大切な経営資源」と位置づけ、従業員一人ひとりの能力を最大限に引き出し、発揮するための人材育成を進めています。
仕事を通じ上司から部下への「OJT(上司から部下への直接指導)」を育成手段の主軸に置き、職責に合わせて人間力向上を支援する「階層別研修」と、専門プロ化を推進する「専門分野別研修」を両輪とした「3本柱の育成体系」を基本としています。

主な階層別研修
研修 対象 内容
新入社員研修 新入社員 社会人の基本(マナー・プロ意識)、リンナイ社員の基本(会社概要・リンナイ精神・企業倫理・人事制度・品質/環境理念)、メンタルヘルス
新入社員フォローアップ 総合職(事営職)1年目、総合職(技術職)2年目、一般職(技能職)2年目 仕事に対する意欲・プロ意識の向上(新入社員研修の再確認、同期同士が集まって現状を共有)
S4昇格者研修 S4昇格者 基本事項の再確認(企業倫理、経営方針)、自己特性の認知(自分の強みをさらに伸ばす)、経営意識の強化(経営計画書の作成)
M6昇格者研修 M6昇格者 企業倫理・経営方針の再確認、管理監督者としての義務の理解(就業規則、労働基準法、問題社員の対応)、マネジメントの理解
M6昇格者フォローアップ研修 M6昇格者 共通のゴールを再認識、管理職としての行動の価値観を再確認、職場の全体効率を再考
考課者研修 職務上、部下との面談や 考課が必要となった者

人事制度の再確認

  • 人事考課の目的や方法の理解
  • 面談実践による面談スキルの向上
  • 新入社員研修
    新入社員研修
  • 新入社員研修

キャリア開発のレビューと支援

各種育成プログラムを有効に機能させるためには、組織が必要とするスキル(力量)と従業員一人ひとりがめざす自己成長の姿との一致が重要です。
当社では、各部門が必要とするスキルと力量を定めた「スキル管理表」または「スキルマップ」を準備し、従業員に対して会社が期待する成長の姿(技術と力量)を明確に定義、開示しています。従業員はこれに基づき、現在の「役割と責務」を認識し、「個人面談」などを通して「現在の評価、今後の自分への期待」を上司からのアドバイスのもと、自己成長目標を毎年見直し、チャレンジしています。
上司は、日常業務の中で個人の成長度合いや活躍度を細かくレビュー(力量評価)し、「個人面談」や「人事考課フィードバック面談」などで評価結果を的確に伝え、成長への積極的なナビゲーションを行っています。

自己啓発のサポート

従業員一人ひとりのより高い専門的な知識・技能・教養の習得や人格形成を支援するために、各種階層別教育を開催し「人間力向上についての様々な気づき」の機会を与えるとともに、自己啓発希望者に対しては、「語学教育、通信教育、社外公開講座、技能検定・国家資格取得教育の支援および他社(異業種)人材との交流会」などを積極的に推進しています。
また、海外勤務意欲の高い若手従業員に対しては、公募による「短期海外赴任研修プログラム」を準備・運用しており、海外各国に若手エンジニアが赴任しています。海外自社拠点での業務経験を通じてグローバルに活躍できる人材育成を推進しています。

モノづくりの伝承

生産技術センターでの教育

2010年3月に設立した「生産技術センター」では、最先端のモノづくりを追及する場としてコア技術の深掘りを行うとともに、国内外グループ会社でモノづくりに携わる人材の育成を行っています。
モノづくりの伝承のため、人材育成サポートツールとして30種類を超える「ビジュアルマニュアル」を作成し、各種技能有資格者が過去から蓄積してきたモノづくりの技術を海外グループ会社からの研修者を含めた従業員に対し、きめ細かな教育を行っています。

各事業所での教育

  • 各事業所では、蓄積してきた加工技術や新技術、熟練した従業員が持っている「現場の勘」といった無形資産を蓄積・継承するための「モノづくり継承の場」を事業所内に設置しています。新たに配属された従業員がモノづくりの基礎を学ぶ場として、また、「効率改善・管理の強化」などのモノづくりの共有・伝承・人材育成の場として活用しています。

  • 各事業所での教育

グローバル人材の育成

国境を越えて活躍できる人材育成と全世界の当社グループ従業員の能力向上を目的として、「経営・マネジメント部門」「商品開発部門」および「モノづくり部門」が、各々の研修プログラムと相互赴任による業務実践プログラムを展開しています。国内人材に関しては、20代から「海外グループ会社への出向」の機会を与え、現地赴任による実践体験をベースとしたカリキュラムで、異文化への適応力と国際ビジネス感覚を磨いています。

VOICE

Rinnai Indonesia Mulyadi
Rinnai Indonesia
Mulyadi
リンナイインドネシアから日本へ研修
1994年にリンナイインドネシアに入社し、金型工機で金型の部品加工、組立、設計に携わってきました。現在は金型の設計業務ですが、部品加工や組立の現場を経験できたことが今の設計業務に役立っています。その影響もあり、設計時間の合間に自分で設計した部品の加工、組立の状況を確認しています。
金型部品加工をしていた2007年に1回目のリンナイ研修を精密部品加工、組立で1年間経験しました。日本語が分からず、リンナイのご担当の方には大変ご迷惑をお掛けしました。
2回目のリンナイ研修は2019年でした。リンナイインドネシアではテーブルコンロの新商品計画があり、その重要な部品設計を学びました。既にリンナイインドネシア現地で導入稼働しているプレス自動機(ラインペーサー)の金型で、今までに経験したことがない多くの設計条件をクリアすることができ、大変勉強になりました。
リンナイの標準化された金型設計、部品加工、組立をリンナイインドネシアへ取り込み、品質、コスト競争力のある金型製作に取り組んでいきたいと思います。

VOICE

リンナイアメリカ 安藤 彰記
リンナイアメリカ
安藤 彰記
(左から3人目)
海外グループ会社へ出向
海外事業本部で中南米向け営業を1年半担当しました。2019年6月から市場とお客様に近く時差も無いアメリカに常駐し、リンナイブラジルが事業展開しているブラジル以外のチリ・メキシコ・アルゼンチン・ペルー・ボリビア・コロンビアなど中南米32ヵ国・人口4億人以上の市場への営業活動をしています。商品を輸入販売していただける代理店が直接の取引先になり、いかにリンナイ商品の良さを多くの方々に理解いただき販売を増やせるか、いかに市場に合った商品を導入できるかを工夫し、まだ代理店が無い国には積極的に新規開拓活動をしています。
出張も多く基本一人での行動となります。治安等も日本とは違うため大変な面もありますが、色々な国の文化や風土に触れお客様と話しをしながらリンナイの商品・ブランドを広げていくのは非常にやりがいがあります。会話は、スペイン語か英語となり習得の努力が常に必要ですが、語学は伝えるツールに過ぎずビジネスをどう組み立て、いかに付加価値のあるサービスを提供できるかが重要で、中南米で早くリンナイがナンバーワンブランドを構築できる様に日々活動しています。

VOICE

リンナイオーストラリア 佐藤 幸吉
リンナイオーストラリア
佐藤 幸吉
(一番左)
開発本部から海外グループ会社へ出向
開発本部で22年間、温水式暖房システムの熱源機と暖房機の開発に携わった後、2019年4月から、リンナイオーストラリアに駐在しています。
日本設計の給湯器の仕様調整では、現地スタッフと三次元CADモデルを交えて設置検証を重ね、直接話し合う大切さを経験しました。また、現地設計のヒートポンプ技術を活かした給湯器や空調機器の背景や現場から、市場の特色も学ぶことができました。
最近では、大規模な森林火災を環境問題に結びつける動きもあり、環境対応機器の重要性が増していることを肌で感じています。
リンナイはオーストラリアガス機器工業会においても主導的な立場にあり、再生可能エネルギー活用に関するフォーラム等への参加を通じて、ガス供給会社から建築業界に亘る動向の日本への提供や、現地認証機関や大学での研究の情報共有にも努めています。
また、在メルボルン総領事館の皆様と交流させていただく中で、現地での雇用を担う役割の大切さを認識するとともに、日豪双方での人材活用についてのアドバイスをいただきました。
これからは、海外法人の開発部門間の連携も深め、グローバルに社会に貢献できる商品開発につなげるように努めていきたいと考えています。

VOICE

リンナイベトナム 井上 敦詞
リンナイベトナム
井上 敦詞
(左から2人目)
様々な業務を経験し、工場長として海外駐在
生産技術部で8年間金型製作業務、瀬戸工場で5年間生産管理業務、生産本部で8年間製造企画業務を従事し、2019年10月よりリンナイベトナムの工場長として駐在しております。工場長として、日々発生する問題対応、新製品の量産準備、工場の品質・生産性の向上まで工場運営全般という非常に多岐にわたる業務を実施しております。
これまで日本で学んだことや、築いてきた人間関係を活かし対応しておりますが、文化や習慣の違う国で日本と同じやり方では通用しないことが多く、特に日本人特有の曖昧な言い方は海外では通じません。日々勉強の毎日で、やりがいを感じて業務に取り組んでいます。
ベトナムは平均年齢が30才と若い国であり、経済成長しているのを肌で感じることができる国です。また、リンナイベトナムも設立20年の若く成長過程にある会社であり、リンナイのさらなる発展に貢献したいと考えています。