ガス給湯器

ガス給湯器

機器の経年劣化による不具合事象

リモコン(スイッチ)操作で気づくこと

正常にリモコン操作ができなくなった
度々エラーが表示されるようになった
燃焼表示が点くまでに時間がかかるようになった
リモコンの温度設定が変わらなくなった

具体的な事例 正常にリモコン操作ができなくなった

点検・修理についてはこちら

給湯・おいだき運転で気づくこと

お湯の温度が突然ぬるくなったり熱くなったりする
お湯の温度がぬるく感じる
湯が出てくるまで(おふろを沸かすまで)時間がかかるようになった
リモコンの温度設定を変えても湯温がかわらなくなった

具体的な事例 お湯の温度がぬるくなったり熱くなったりする。
≪ご注意≫

シャワーなど、お湯を使うときは必ず手でお湯の温度を確認してください。
ご使用中、ご使用直後は機器本体や排気筒とその周辺、排気筒が高温になります。絶対にさわらないでください。

点検・修理についてはこちら

運転音や臭いで気づくこと

機器から大きな音がするようになった
機器を使うと焦げた臭いや変な臭い(目がしみる)がする
機器がガタガタ振動するようになった

具体的な事例 機器内部の部品の一部に埃が詰まったため、燃焼状態が悪くなり、不完全燃焼となった。

点検・修理についてはこちら

具体的な事例 機器内部の漏電ブレーカーに埃が溜まり、トラッキング現象が発生し、機器の内部が発煙、焼損した。

点検・修理についてはこちら

具体的な事例 機器内部の水量制御器等のモーター部品が、毎日、普通に使用している給湯器も5年、10年と長期間のご使用により、経年劣化でショート故障し、機器の内部が発煙、焼損した。

点検・修理についてはこちら

機器を見て気づくこと

機器の一部にさびや変色がある
機器から水漏れしている
機器の排気部や給気部に埃がたまっている
機器の下が常に濡れている
機器の一部に穴が開いている

具体的な事例 機器がひどくさびて雨水が浸入したり、内部部品の水漏れによってガス通路部が腐食する。(ガス漏れが発生して異常着火となり機器が変色、変形するおそれがある)

機器本体がひどくさびている機器の一部に穴があいている

※特に沿岸部で潮風に当たりやすい、又は寒冷地区での融雪剤などによる塩害が懸念される地域では腐食の進行が早まります。

点検・修理についてはこちら

排気筒・排気管がはずれていたり、鳥の巣やススで詰まっている。

具体的な事例 排気筒・排気管がはずれていたり、鳥の巣やススで詰まって、燃焼排ガスが室内にもれて、不完全燃焼した。
≪ご注意≫

排気筒・排気管がはずれていたり、鳥の巣やススで詰まっていないか、ときどき点検してください。
燃焼排ガスが室内にもれて、不完全燃焼、一酸化炭素(CO)中毒に至るおそれがあります。

排気筒が外れていたり、電源プラグが差し込まれていなかった。

具体的な事例 排気筒が外れていたり、電源プラグが差し込まれていなかったために、機器が使えなかったり、不完全燃焼した。
機器本体が屋内に設置されていて電源プラグを使用しているタイプは次の3点をチェックしてからご使用ください。
  • チェック1電源プラグは差し込まれていますか?
    排気ファンを回転させるために電気が必要です。電源プラグがコンセントから外れていたら差し込みましょう。
  • チェック2ファンは回転していますか?
    ご使用中は排気ファンが回転します。正常に作動している場合は「ブーン」という回転音が聞こえますので、確認してください。
  • チェック3排気筒は屋外まで設置されていますか?
    排気筒が外れていたり、腐食により穴があいていたり、先端の金網がはずれていることがありますのでご確認ください。

点検・修理についてはこちら

ガス給湯器