ニュースリリース

2014年01月28日

SRI評価会社Robeco SAM社のCSR評価「The Sustainability Yearbook 2014」に掲載され、ブロンズ(銅)クラスに認定されました

熱と暮らしを支える総合熱エネルギー機器メーカーのリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)はこのたび、世界の代表的なSRI(社会的責任投資)評価会社Robeco SAM(ロベコ・サム)社による2014年のCSR評価にて、「ブロンズ(銅)」クラスに認定されました。

 

Robeco SAM 社は、世界の企業約3,000社を対象に、企業の持続可能性について経済、環境、社会の側面から評価し、上位15%の企業を「The Sustainability Yearbook」に掲載、その中から特に優秀な企業を「ゴールド(金)」「シルバー(銀)」「ブロンズ(銅)」の3クラスに認定しています。

 

今回は59部門から合わせて222社(うち日本企業は19社)が認定され、リンナイは「Household Durables」部門で「ブロンズ(銅)」クラスの認定を受けました。今回の認定は、CSRの視点で企業活動を推進し、特に環境負荷低減の取り組みが評価されたものです。

 

なおリンナイは、この他にもSRI指標の「FTSE4 Good Index Series」の構成銘柄に2004年より連続で採用されています。

 

今後もリンナイは、リンナイ精神である「熱と暮らし」、「品質」、「現地社会への貢献」に基づき、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

 

※SRI(社会的責任投資)とは、従来型の財務分析や成長予測による投資基準に加え、環境、社会、ガバナンスといった側面からも企業を評価し、投資先を選定する手法です。

 

ニュースリリースPDF版は、こちらよりご覧ください。

 

本件へのお問い合わせ先

リンナイ株式会社 広報室 : TEL 052-361-8211(代表)

 

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。