ニュースリリース

2013年12月05日

【ニュースレター】暖かく快適な冬の暮らしを提案 環境にやさしくランニングコストもお得な製品技術を紹介

紅葉前線も南下しピークを迎え、いよいよ冬本番を迎えた日本列島。気象庁が今年の冬は「雪多く寒い冬」と発表しているように、昨年に引き続き全国的に厳しい寒さが予想されます。冷え切った身体をぽかぽかと温めてくれる暖房器具は冬のマストアイテムですが、光熱費の上昇と環境への負荷拡大が気になる方も多いのではないでしょうか。
また、昨今1980年代バブル期の不動産ブーム時に建設された住宅が改修時期をむかえ、消費増税率引上げ前の需要も重なり、住宅建設・リフォーム工事が増加しています。特に近年、節電意識の高まりから、節電・省エネ家電や省エネ住宅も人気を集めているようです。
今回は、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」(会期:12月12日(木)~14日(土)、開催場所:東京ビッグサイト)にも出展予定の、「環境性」、「経済性」に加え「快適性」にも優れたリンナイの製品技術を3つご紹介します。地球環境にも家計にも“エコ”な製品技術を通して、心地よさや利便性も向上させながらも、地球にやさしい暮らしを提案します。

1.“電気×ガス”の世界初!ハイブリッド給湯・暖房システム「ECO ONE(エコワン)」

ECO ONE(エコワン)は、電気とガスを利用することによる相乗効果により、環境性、経済性、快適性に優れた、世界初※1のハイブリッド給湯・暖房システムです。電気のヒートポンプで少ない電気量で効率良く湯を湧かし、ガスでいつでも利用できる十分な給湯を実現。暮らしの時間帯や用途に合わせて、電気とガスの2つの機能を最適に使い分けるのがECO ONEです。家庭で使われるエネルギー用途の50%強を占める給湯と暖房において、優れた省エネ・環境性を発揮し、一次エネルギー※2効率において、業界最高レベルの125%※3を達成しています。

  1. ※1…世界初とは、ヒートポンプと高効率給湯器を組み合わせた家庭用給湯・暖房システムの場合
  2. ※2…一次エネルギーとは、石炭・石油・天然ガスなどの自然界にあるままの姿のエネルギーを一次エネルギーといいます。私たちはこの一次エネルギーを電気や都市ガス・プロパンガスなどの使いやすいカタチに変えて利用してきました。さらに給湯器の場合、電気やガスを熱エネルギーに変換し「お湯」を得ています。投入した一次エネルギー量に対し、どれだけのお湯を得られたかを比率で示したものを「給湯器における一次エネルギー効率」と呼びます。
  3. ※3…給湯使用時による効率(暖房使用は除く)。財団法人建築環境・省エネルギー機構住宅建築主の判断基準(4b地域)による

2.廃熱を利用し熱を作るガスの高効率型給湯器 「エコジョーズ」

「エコジョーズ」は、今まで排気していたお湯を沸かす時に発生する排気熱を再利用し水を加熱。
従来タイプに比べ高い熱効率95%を達成し、ガス消費量を抑えます。

3. 環境性・快適性・経済性を兼ね備えた 省エネ床暖房 「床ほっとE」

「床ほっとE」は、省エネ使用の床暖房トータルシステムです。
エコジョーズ、高効率温水マット、断熱温水配管の3つの機能を組み合わせ、コスト面においても床暖房がぐっと身近な存在になりました。

◆リンナイの環境についての考え方
リンナイは、“「熱」を通じて「快適な暮らし」を社会に提供する”ことを企業使命として、「安全・安心」「快適性」「環境性」に優れた熱エネルギー機器を提案し、世界の人々の生活文化の向上と未来の地球のために貢献していきたいと考えています。

「熱」と「暮らし」

企業使命である“「熱」を通じて「快適な暮らし」を社会に提供する”ために、熱利用に関する高度な技術・ノウハウの蓄積、安全で快適に効率よく熱を利用する商品の開発に取り組み、人々の豊かな暮らしに貢献します。

環境・省エネへの貢献

家庭部門において多くのエネルギーが使用されている給湯・暖房分野で、省エネ性に優れた機器の開発・生産・販売に取り組み、家庭から排出される温室効果ガスの削減に貢献します。

 

ニュースリリースPDF版は、こちらよりご覧ください。

本件へのお問い合わせ先

リンナイ株式会社 広報室 : TEL 052-361-8211(代表)

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。