ニュースリリース

2004年04月21日

省新内炎式バーナーで熱効率をさらに高めた据置型ガラストップガスコンロ。好評の据置型ガラストップガスコンロに熱効率を高めたエコマックスバーナーを搭載して新登場!!

リンナイ ガス瞬間湯沸器ユーティV RUS-V51RT

リンナイ(株)では、「省エネ法※1」2006年度基準値をクリアした、新しい内炎式バーナー搭載の据置型ガラストップガスコンロを開発、4月21日より販売することとなりました。
トッププレートの下から炎が出て、炎が内向きにトルネード(うず巻状)燃焼する内炎式バーナーは、鍋底全体を素早く面加熱。熱分布の向上により、少ないガス消費量でも調理時間は従来の外炎式バーナーと変わらず、ガス代も節約します。
また、外炎式では難しかった極小トロ火も実現。煮込み料理も焦げつきにくく、おいしく仕上げます。
この内炎式バーナーを、「セランガラス」トッププレートの採用で好評をいただいている据置型ガラストップガスコンロに搭載。
「美観性」はもちろん、更なる「経済性」をも兼ね備えました。
本体カラーバリエーションは、シルバーとチタンメタリックの2タイプをご用意。
販売価格は、86,940円[ 税込](税抜82,800円)。

※1 「省エネ法」・・・正式名称「エネルギーの使用の合理化に関する法律」

「ハオN600VGT」の特長

  1. 美観性、耐久性に優れた「ガラストッププレート」を採用
    • トッププレートにドイツ・ショット社製耐熱セラミックガラス(商品名:セランガラス )を採用。外観が美しいだけでなく、熱や衝撃にも強く耐久性にも優れています。
      また、ガラストップは、軽い汚れはキッチンペーパーなどで拭き取るだけできれいになり、色落ちや傷が付くこともなくお手入れがとても簡単です。

  1. 高熱効率ですばやく調理できる「新内炎式バーナー」を搭載
    • 高熱効率でガス代節約
      バーナーをトッププレートの下に入れ、炎が内向きに燃焼する「内炎式バーナー」は 、鍋全体をムラなく、効率よく加熱できます。
      高熱効率※1の実現で調理時間が 短縮でき、3年間でガス代が約17,000円※2節約できます。
      ※1 1997年製ハオ4600FSの外炎式バーナーとの比較
      ※2 1日4.20kW(3,610kcal/h)〈ガス種:13A〉使用として当社従来品(外炎バーナー)と比較。
      熱効率(直径20cm鍋):従来品1997年製ハオ4600FSの外炎式32%→内炎式43.5% 13A:159.8円/m3〈ガス事業便覧(平成14年度版より)〉で算出。

    • 強火力と極小のトロ火で料理がおいしくできる
      4.20kW(3,610kcal/h)の火力で外炎バーナーの5.35kW(4,600kcal/h)相当の加熱性能を実現する強火力バーナーを搭載。 強火が決め手の料理もおいしく調理できます。また、鍋底とバーナーの距離が広くとれるので、極小のトロ火で煮もの料理も焦げつきにくく、おいしく仕上がります。

    • 炎がはみ出しにくく、調理も安心、快適
      内炎式は、炎が鍋の外にはみ出しにくいので、鍋の取っ手も熱くなりにくく調理が快適に行えます。 また、強火力バーナーの点火時には大きな炎がいきなり出ない中火点火方式を採用し、着衣などへの引火を未然に防ぎます。

  1. 煮こぼれが機器内部に入りにくい2つのガード
    • 煮こぼれがバーナー部にかかりにくい
      大量の煮こぼれなどで、万一内側に侵入した場合も、ごとくのバーナーカバー部でバーナー炎口をカバーしていますので、内部への煮こぼれの侵入を防ぎます。

    • 二重にガードする「しる受けカップ」
      バーナー部より下に煮こぼれを受ける、しる受けカップを二重で採用。上のしる受けカップより煮汁があふれても、下のしる受けカップがしっかりガード。機器内部への煮こぼれの侵入を防ぎます。

  1. 早くきれいに焼ける「直火焼水無し両面焼グリル」を採用
    あじなら一度に4匹同時に焼けるワイドな両面焼グリルです。両面焼きなので調理時間も早くきれいに焼き上がります。グリル皿にはフッ素コートが施してありますので使い勝手もよくお手入れも簡単。しかも水無しタイプはグリル皿の水が不要なので、汚れた水がこぼれる心配もなく焼き物調理がラクになりました。また、1分~15分まで設定できる「グリル調理タイマー」で使いやすさも向上しました。
  1. 好評の「マイコン温調グルメ7」を搭載
    • おいしさをつくる7つの便利機能
      素材に合わせて調理油の温度を自動的に調節する「温度調節機能」や炊飯専用釜(別売)を使って、ガスの強火でおいしいごはんを炊き上げる「炊飯機能」(洗米おき、洗米すぐ、おかゆモードの設定が可能)など7つの便利な機能を備えています。

    • コンロをみはる7つの安心機能
      天ぷら油の過熱を防ぐ「天ぷら油過熱防止装置」や風や煮こぼれなどで炎が消えるとガスを自動的にストップする「立消え安全装置」など7つの安心機能を備えています。

  1. 操作性に優れた「ハイタッチ点火」
    強制吸着と強制スパーク式点火の採用で、点火スイッチを押せば、点火するまで自動的に連続スパークを行う「ハイタッチ点火」により、操作性が向上しました。
  1. コンロの点火を確認できる「コンロ点火確認ランプ」
    また、コンロを消し忘れても点火後、強火力バーナー側は約1 時間、センサー付バーナー側は約2時間で自動消火する「コンロ消し忘れタイマー」の採用により、安全性が向上しました。
  1. 強火力バーナーの位置が右/左選択可能
    壁際にあるコンロの場合、壁から離れた側に強火力バーナーが設置できるよう、強火力バーナーの位置を右/左選べるようにしました。

新製品の主な仕様 (ハオN600VGT)

新製品の主な仕様 RUS-V51RT 
(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。