ニュースリリース

2002年02月22日

松下電工とリンナイ エネルギー機器分野で業務提携

松下電工株式会社(本社:大阪府門真市 社長:西田一成、以下松下電工)とリンナイ株式会社(本社:名古屋市中川区 社長:山崎善郎、以下リンナイ)は、 エネルギー機器分野において、従来からの協力関係を発展させ、新たな需要喚起商品の共同研究開発をはじめ、 機器の相互供給など両社の強みを一層活かす広範な業務提携関係を構築することに、本日合意いたしました。

◆背景
国内の住宅・建築市場は長年にわたる低成長経済の影響を受け、また現在はデフレ経済の環境下、新設住宅着工戸数が漸減傾向にあり、極めて厳しい状況にあります。 今後も中長期的には少子高齢化の進行などにより、新設住宅に関しては現在の傾向が続くと見られ、業界での競争はますます激しくなると予想されます。
一方、現在の住まいや生活空間に対する質的向上のニーズは根強く、ITを利用した家庭内ネットワーク化への対応や、 増加する住宅ストックのリフォーム需要の獲得に向けた総合提案力、技術開発力などのより一層の強化が、各企業に求められています。 また、中国の急激に拡大する住設機器市場では、変化のスピードに順応した商品の提供がよりグローバルな視点から求められており、 このように企業が連携して取り組むべき様々な課題が挙がってきています。

◆提携の狙い
上記のような企業環境、課題を踏まえ、多くの製品領域でそれぞれに有力な位置を占める松下電工とリンナイは、両社の強みを持ち寄って協業することで、
*両社がそれぞれの分野で得意とするハードウェア、ソフトウェア技術を活かし、お客様にとって魅力ある需要喚起商品やサービスの提供
*リソースの有効活用、効率化による市場競争力の強化と市場の創造、拡大
*その結果として、両社の業績の向上と事業の更なる発展
*中国における住設機器事業の強化
をスピードアップして展開してまいります。

◆既に共同開発を推進中の項目
①給湯暖房機(浴室暖房や床暖房ができる給湯器)
 ・共同開発の上、発売済み。今後、施工体制構築のための施工研修を共同推進
②太陽光エネルギー機器との連動可能な給湯器・接続器

◆今回の提携により新たに検討に入る内容
1)家庭内ネットワーク化への技術開発
 ・エネルギー機器のIT化
2)製品・部材の相互供給
 ・給湯暖房システム機器及び関連部材、システムキッチン関連機器
3)リフォーム市場における床暖房、浴室暖房(給湯暖房システム)の需要喚起
4)中国市場への共同展開
 ・製品・部材の相互供給

◆今後の進め方
2月下旬から両社それぞれの専門部署、担当者により構成された各分科会で 検討を開始し、順次実施に移す計画です。
なお、前述の1)~4)以外のテーマ、項目についても必要に応じて両社で業務提携の可能性について、検討していきます。

◆当資料に関するお問合せ先
松下電工広報部〈大阪〉高村:TEL 06-6909-7187 FAX 06-6908-7127
          〈東京〉山口:TEL 03-3452-9654 FAX 03-5484-1953
リンナイ総務部〈名古屋〉 石川、江端:TEL 052-361-8211 FAX 052-361-8877

■補足データ(会社概要)

◇松下電工株式会社〈2001年11月期〉
  • 設立:1935年12月15日

  • 本社:大阪府門真市大字門真1048番地

  • 資本金:1,252億1,414万円

  • 営業品目:電設資材、家庭用電器製品、住設建材、制御機器、電子材料等

  • 代表取締役社長:西田一成

  • 従業員数:16,268人

  • 売上高:連結1兆1,994億円

◇リンナイ株式会社〈2001年3月期〉
  • 設立:1950年9月2日

  • 本社:愛知県名古屋市中川区福住町2番26号

  • 資本金:64億5,974万円

  • 営業品目:厨房機器、給湯機器、空調機器、業用機器等

  • 代表取締役社長:山崎善郎

  • 従業員数:3,188人

  • 売上高:連結1,723億円

(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。