ニュースリリース

2015年09月30日

北海道の厳しい寒さに心地よい暖房をおトクにお届け! 暖トツ快適!ハイブリッド給湯・暖房システム 電気とガスの組み合わせで光熱費削減に貢献 10月1日から販売開始

熱と暮らしを支える総合熱エネルギー機器メーカーのリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)は、電気とガスを組み合わせて、高効率でパワフルな運転を実現する、北海道向けハイブリッド給湯・暖房システムの新モデルを2015年10月1日から販売開始します。

北海道では1年の約2/3もの長い間暖房を使用し、主にセントラルヒーティングによる全館暖房が中心のため、家庭で消費エネルギー量の約1/2を暖房が占め、北海道での暖房光熱費は家計への大きな負担となっています。

そのような北海道特有の環境において、リンナイは効率性に優れた電気のヒートポンプを主熱源にして、厳冬期にはパワフルなガスのエコジョーズが補助サポートするハイブリッドシステムを採用することで、北海道における暖房の高効率化を実現しました。また、温水暖房によるセントラルヒーティングは、パネルヒータからのふく射熱により、やさしく陽だまりのような暖かい空間を提供します。

ハイブリッド給湯暖房システムは、高効率化した温水熱源として光熱費節約に貢献しながら、厳冬期でも快適な暖房を提供できる北海道に最適な暖房システムとなります。

ヒートポンプユニット
RHP-C60(B)

ガス熱源機 RHBH-CEM242AFF2-1
タンクユニット RTU-C301

北海道向けハイブリッド給湯・暖房システム

・暖 房 能 力 17.4kW
・システム定価 1,012,000円(税抜)
・発 売 日 2015年10月1日

2012年に初代モデルを発売して以降、平成26年度北国の省エネ・新エネ大賞の受賞をはじめ、省エネ性と快適性で北海道の多くのお客様に受け入れられてきたハイブリッド給湯暖房システムにこの度、新モデルが登場しました。

北海道向けハイブリッド給湯・暖房システム 主な特長

◆ 季節や時間帯で暖房温水温度の切り替えが可能
温水温度を40~70℃の範囲で5℃ごとに調整ができます。季節に合わせて最適な温水温度を設定いただくことで省エネにつながります。また就寝時間帯だけ設定温度よりも少し下げた温水温度に設定することでも省エネにつながります
◆ 除霜運転と暖房効率の両立を実現
ヒートポンプの熱交換器に霜がつくことによって能力が低下する場合、自動で除霜運転を行います。除霜運転中はヒートポンプの熱は使用できませんが、除霜運転前にタンクユニットの熱量を満タンにすることができる場合は、除霜運転中でもヒートポンプによる効率的な暖房を行うことができます。

北海道向けハイブリッド給湯・暖房システムの特長

◆ ヒートポンプの効率性にガスのパワーを加えた、画期的なシステムへ

空気の熱を利用する高効率の電気のヒートポンプと、瞬時にお湯をつくるパワフルなガスのエコジョーズ。これらを組み合わせることで、エネルギーを有効活用し、光熱費節約と省エネを実現するのが、ハイブリッド給湯・暖房システムです。暖房も給湯も、無駄なく、すばやく、たっぷりと。この1台で快適にお使いいただけます。
暖房時は外気温の高低や暖房負荷の大小により、ヒートポンプ単独運転とエコジョーズを加えたハイブリッド運転を自動で切り替え、最適化を図ります。給湯時は一年を通して、エコジョーズが単独運転を行います。


◆ おトクな料金プランの適用で、光熱費を上手に節約

灯油(エコフィール)より暖房光熱費を約30%削減 年間約50,000円節約できます オール電化(エコキュート、ヒートポンプ暖房)より暖房光熱費を約34%削減 年間約59,600円節約できますハイブリッド給湯・暖房システムでは、割安な電力料金プラン「ホットタイム22ロング」の適用が受けられるので、暖房需要期の光熱費を大幅に節約できます。しかも融雪電力の遮断時刻を機器が記憶(学習)するため、ヒートポンプの運転時間を最大化することが可能。その結果、電気とガスの併用で、年間光熱費は灯油やオール電化よりもおトクになります。


※「ホットタイム22ロング」は北海道電力の契約料金メニューです。「ホットタイム22ロング」では毎日16時~21時の間で2時間電力が遮断されます。

<試算条件>

○1地区:旭川、2地区:札幌(改正省エネ基準による地域区分) ○暖房面積:120m2 ○断熱性能(Q値):1.4W/m2K ○家族人数:4人 ○照明などの電気使用量:3,820kwh 暖房:温水セントラルヒーティング 【ハイブリッド】給湯・暖房:ハイブリッド給湯暖房システム、厨房:ガスコンロ 【オール電化】給湯:電気温水器、暖房:電気ボイラー、厨房:IHクッキングヒーター 【灯油】給湯:灯油給湯器、暖房:灯油セントラル、厨房:ガスコンロ ○電気料金(平成27年9月北海道電力料金):【ハイブリッド】従量料金B、ホットタイム22ロング 【オール電化】eタイム3 【灯油】従量料金B ○ガス料金(LPガス):350円/m3 ○灯油料金:90円/L

●本試算は標準的な家庭をモデルとしており、実際のエネルギーコストはお客さまのライフスタイルや建築条件などにより変動します。

●本試算は各機器を導入した場合の光熱費などの効果試算であり、導入にかかわる設備・工事・保守費用は含まれておりません。

◆ パネルヒータのふく射熱でやさしく暖め、陽だまりのような空間へ

ハイブリッド給湯・暖房システムの暖房能力は、17.4kW(15,000kcal/h)もあるため、1台に複数台のパネルヒータや浴室暖房乾燥機、床暖房などを接続して家じゅうを暖めることができます。またパネルヒータや床暖房のふく射熱暖房は部屋全体を温度ムラもなくじんわりと暖め、燃焼をしないため部屋の空気も汚れません。さらにエアコンなどの温風もでないので乾燥も防げます。

■ハイブリッドが活躍する暖房端末

■ふく射熱暖房のおすすめポイント

お客様からいただいた満足の声

2012年に初代モデルを発売した北海道向けハイブリッド給湯・暖房システムは、北海道の多くのお客さまに受け入れられ満足の声を沢山いただいています。

  • 設置場所を選ばない省スペース設計だから室内空間が有効に使えて、とっても満足です。(美瑛町K様)
  • 暮らし方に合わせて自動で暖房を調整してくれて、本当に寒い日はガスの力で快適になるのがうれしい。(幕別田S様)
  • エコジョーズは電気温水器と違ってお湯を作り置きしないので、清潔なところがいいですね。(札幌市H様)
  • マイナス25℃ に達すこともある厳冬期でも、ハイブリッドの十分な暖房能力で快適に過ごせています。(名寄市N様)
  • ふく射熟で暖まるパネルヒータは音が静かで、空気もキレイなところに満足しています。(木古内町W様)
  • 小さな子どもがいる我が家では、端末側で火を使わないパネルヒータは触れてもやけどの心配が無く、安心です。(幕別町S様)
  • 灯油や電気代が値上がりしても、ハイブリッド導入後は燃料費の高さを気にすることがなくなりました。(伊達市T様)
  • 最新の暖房システムなのに、初期費用もランニングコストもオール電化よりもおトクなことにビックリです。(恵庭市A様)

※北海道エアウォーター株式会社「ハイブリッド給湯暖房カタログ」より改編・転載。

 

 

リンナイは、「熱と暮らし」「品質」「現地社会への貢献」を創業以来の企業精神として継承し、今後も「より豊かな生活」の充実を目指して商品開発に取り組んでまいります。

 

 

ニュースリリースPDF版は、以下よりご覧ください。


(PDF/1.33MB)

画像は、以下よりダウンロードしていただけます。


(ZIP 圧縮データ/569KB)

 

本件についてのお問い合わせ先

リンナイ株式会社 営業本部:052-361-8211(代表)

 

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。