社外取締役メッセージ

マーケティングの充実と海外戦略を見据えた
組織づくりと人材育成に期待

社外取締役
社外取締役 神尾 隆
特定非営利活動法人ささえあい理事長

取締役会について評価できる点

リンナイの取締役会の会場には「品質こそ我らが命」という原点思想が掲げられ、礼に始まり礼に終わる取締役会が続けられていることは、全員が神聖な場として緊張感を持って臨んでいることを感じています。また各担当役員からの議案の説明や答弁、そして議案の上程におけるプロセスにも変化がみられ、社外取締役登用の拡大とともに、より中身の濃い議論が展開されるようになったと感じています。

ガバナンスにおける今後の課題

自社にとって都合の良い、一方的な情報開示だけでは自己満足の世界です。それを続けていたら、リンナイの常識が世の中の非常識なんてことになりかねません。ステークホルダーが何を知りたがっているか、何を望んでいるのかを的確に捉えていくためには、まずは地道に広聴することが大切です。それがあって初めて企業の透明性が担保されると同時に、コーポレートガバナンスの向上にもつながっていくと考えます。

今後の企業価値の向上、持続的成長を続けるために

リンナイはこれまで、良い商品を作ることでお客様から支持されてきました。しかし、これからは良い商品を作るだけでは通用しないこともあり、マーケティング機能をさらに高めていく必要があると感じます。
また、リンナイがグローバル企業として、どの国においても共通する "企業が求められるあるべき姿" を企業ブランドとして確立し、これからも世界市場に通用するメッセージを発信していってほしいと思います。そして、マーケティングの充実や海外戦略を見据えた組織づくりや人材の育成に、より注力していくことを期待します。