1. ホーム
  2. CSR・社会・環境
  3. 【健康】健康について効果・効能のあるマイクロバブルバス入浴

【健康】健康について効果・効能のあるマイクロバブルバス入浴

【健康】健康について効果・効能のあるマイクロバブルバス入浴

当社は、昨年2019年4月にブランドプロミス「Creating a healthier way of living」を制定し、さらにブランドロゴを刷新しました。新しいロゴマークを新生リンナイの象徴として健全で心地よい暮らし方を創造していくブランドイメージの醸成をめざし、従来の「熱と暮らし」に加えて「健康と暮らし」も新たなテーマとしています。加えた『健康』テーマを推進する一つのメッセージとして本年4月にマイクロバブルバスユニットを発売開始しました。

マイクロバブルとは

マイクロバブルは、直径約1~100μmの微細な気泡のことです。浮力が小さく、白濁しながら雲のように広がり緩やかに上昇します。
時間の経過とともに、水面まで浮上したり、水中で収縮してより細かい泡になります。

マイクロバブルバスユニット
  • 浴槽と給湯器の間にマイクロバブルバスユニットと専用の循環金具(浴槽内にあるお湯を噴出させる装置)を装着することで、お風呂にマイクロバブルを発生させて、入浴する人へ健康についての様々な効能を生みます。
    マイクロバブルバスユニットの入浴によって得られる効果について、東邦ガス株式会社、日本福祉大学との研究に加え、お風呂の医学研究者として有名な東京都市大学の早坂教授と共同検証を行い、様々な実証データの取得に成功しました。

  • マイクロバブルバスユニット
  • マイクロバブルの効果・効能①「温浴効果」
  • 気泡が体を包み込むため、お湯から体への熱の伝わりが緩やかになり、ゆっくりと体を温めます。入浴後は高くなった体温を徐々に放出するため、体がポカポカした感じが持続します。

    <実験条件> 2019年度 東邦ガス株式会社と日本福祉大学の研究/被験者:健康な30代女性7名/浴室環境:室温29℃ 湿度97% / 入浴方法:湯温40℃で10分間の全身浴

  • マイクロバブルの効果・効能②「洗浄効果」
  • 微細な気泡が皮膚の汚れに吸着し取り除きます。また毛穴に溜まった皮脂汚れにも気泡が吸着し、かき出すことで肌を清潔に保ちます。実証試験でもマイクロバブル入浴の方が通常の入浴より汚れの除去率が高いという結果が出ています。

    <実験条件> 2019年度リンナイ株式会社試験データ 模擬汚れ(牛脂とカーボンブラック10%の混合物)を腹部に塗布し、色彩色差計にて入浴前後に明度を測定。入浴前後の明度値から除去率を算出。 被験者:健康な成人男性6名/入浴方法:38℃で10分間の全身浴/* 有意確率5%未満で統計的有意差あり。

  • マイクロバブルの効果・効能③「保湿について」
  • マイクロバブル入浴を体感された方からは、湯ざわりが柔らかい、肌がしっとりする、肌が突っ張る感じが少ない、保湿クリームを塗らなくてもよかったなど、多くの声が挙がっています。

    <実験条件> 測定:VAS法(視覚的アナログ尺度)を用いた解析/ 論文:2020年、マイクロバブル入浴の心身の主観的評価(早坂信哉:日本健康開発雑誌.2020年 被験者:成人女性11名)

  • マイクロバブルの効果・効能④「リラックス効果」
  • 通常の入浴においても、温浴効果により心理的な緊張を柔らげる効果があることが、報告されています。マイクロバブル入浴は通常の入浴よりも、リラックス感、くつろぎ感、幸せ感が高まるという結果が出ました。良い睡眠につながる可能性も期待できます。

    <実験条件> 測定:VAS法(視覚的アナログ尺度)を用いた解析/ 論文:2020年、マイクロバブル入浴の心身の主観的評価(早坂信哉:日本健康開発雑誌.2020年被験者:成人女性11名)

  • マイクロバブルの効果・効能⑤「ワクワクや感動」
  • 白濁したお湯は温泉に入っているようだという意見が多数寄せられました。温泉を連想させる乳白色のお湯が、上質感、贅沢感、ワクワクする、感動するなどの心理的影響につながっていると考えています。

    <実験条件> 測定:VAS法(視覚的アナログ尺度)を用いた解析/ 論文:2020年、マイクロバブル入浴の心身の主観的評価(早坂信哉:日本健康開発雑誌.2020年 被験者:成人女性11名)

「健康と暮らし」をテーマにした商品やサービスの提供を今後も企画・開発し、健全で心地よい暮らし方を創造できるようにチャレンジしてまいります。

VOICE

東京都市大学教授/博士(医学) 早坂 信哉 先生
東京都市大学教授/博士(医学)
早坂 信哉 先生
マイクロバブルバスによる入浴効果

お風呂に入って温かい湯につかるということは、健康的にも心理的にも大きな効果があり、「毎日お風呂に入る人は幸福度が高い」という研究もあるほどです※1。入浴による温熱作用にマイクロバブルが加わると、体への熱の伝わりが一層促進され、湯冷めもしにくいという結果や皮膚表面の汚れを落とす洗浄効果が出ています。ですから、疲労回復、睡眠効果、脱臭効果といった面で一般的な入浴以上の効果が期待できます。また、マイクロバブル入浴は、心身に良好な主観的変化を与える事が分かっており※2マイクロバブルによる湯ざわりの柔らかさ、肌のしっとり感、リラックス感等の向上が見られました。白いお湯による視覚的な効果というのも大きいと思います。マイクロバブルバスを自宅で体験できるというのは暮らしを上質に健康的にしてくれると思います。

※1 2012年、早坂信哉教授の研究チームが静岡県の6,000人の住民を対象に行った調査

※2 論文:マイクロバブル入浴の心身の主観的評価(早坂信哉:日本健康開発雑誌.2020年.被験者:成人女性11名)