製品事故情報

下記のように弊社製品において事故が発生しております。
(この事故情報は製品安全自主行動計画に基づき、公表するものです。)

ガス機器に関する事故及び、ガス機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故、製品に起因して生じた事故かどうか不明であると判断した事故を公表します。
なお、掲載の内容は速報段階のものであり、今後の追加情報や事故調査の進展等により、変更される場合があります。

2017年03月01日 ガスファンヒーター RC-339Eにおいての事故

発生日 2017年03月01日
品目 ガスファンヒーター
型式 RC-339E
場所 長崎県
事故概要 成猫2匹を飼っている家庭において、火災が発生した。ファンヒーターがある部屋は普段から床に紙類や衣類が散乱しており、破裂したスプレー缶も複数本発見された。
事故原因 猫が可燃物をファンヒーターに触れさせた等のペットによる事故と推定されます。
安全にお使いいただくために 取扱説明書にてご案内の通り、「たなの下など、落下物の危険のあるところでは使用しない。落下物によっては、火災のおそれや、機器故障の原因になります。」「スプレー缶(殺虫剤・ヘアスプレー・カセットコンロ用ボンベなど)を機器の前方に置かない。爆発するおそれがあります。」「温風吹出し口やエアフィルターの中に、紙・布・異物などを入れたり、ふさいだりしない。火災の原因になります。」等のご注意を守ってご使用ください。また、「いたずらによる事故を防止するため、停止中にロックをセットしたときは、すべてのスイッチの操作ができなくなります。」と、いたずら防止対策の案内もしております。

一覧へ戻る