製品事故情報

下記のように弊社製品において事故が発生しております。
(この事故情報は製品安全自主行動計画に基づき、公表するものです。)

ガス機器に関する事故及び、ガス機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故、製品に起因して生じた事故かどうか不明であると判断した事故を公表します。
なお、掲載の内容は速報段階のものであり、今後の追加情報や事故調査の進展等により、変更される場合があります。

2010年01月14日 ガス給湯付ふろがま(屋外式) RFS-2400SAにおいての事故

発生日 2010年01月14日
品目 ガス給湯付ふろがま(屋外式)
型式 RFS-2400SA
場所 三重県
事故概要 給湯付ふろがまの前方近くにあった「車を覆っていたカバー」が部分的に焼損した。
事故原因 長期(15年)使用により、埃・燃焼生成物等が蓄積し、熱交換器のフィン部にススが詰まり、燃焼性能が悪化、正常な熱交換がされず排気温が上昇し、そこへ可燃物(車のカバー)が器具前方近くに置かれた為に、部分的に過熱焼損したとの経済産業省の見解でした。
安全にお使いいただくために 長期間御使用の製品については、弊社ホームページでの製品に関するお知らせにご案内しております点検をおすすめします。

一覧へ戻る