製品事故情報

下記のように弊社製品において事故が発生しております。
(この事故情報は製品安全自主行動計画に基づき、公表するものです。)

ガス機器に関する事故及び、ガス機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故、製品に起因して生じた事故かどうか不明であると判断した事故を公表します。
なお、掲載の内容は速報段階のものであり、今後の追加情報や事故調査の進展等により、変更される場合があります。

2007年10月07日 ガス炊飯器 RR-07MKT2における事故

発生日 2007年10月07日
品目 ガス炊飯器
型式 RR-07MKT2
場所 大阪府
事故概要 お客さまが炊飯中、プラスチック製の衣装ケース上部に設置の炊飯器下部付近から火が出ているのに気づき、本人が水をかけ消火した炊飯器側接続ガスコードおよびプラスチック製衣装ケース上部が焼損した。
事故原因 返却品はガス洩れはなく、温度測定結果も正常でした。経済産業省の調査結果は、炊飯器には異常はなく、ガス接続口とガスコードの繋ぎ目付近から微少なガス洩れがあったと推測されるが、原因の特定には至らなかったとのことです。
安全にお使いいただくために 取扱説明書の安全上のご注意を必ず守り、ガスの接続部に傷や、異物が付着するとガス漏れの原因になりますので、丁寧にお取扱いください。又ガスコードは他の熱機器に触れたり、無理に折り曲げたり、ねじったりしないでください。

一覧へ戻る