ニュースリリース

2018年06月18日

新総合物流センター(仮称)建設計画のお知らせ

熱と暮らしを支える総合熱エネルギー機器メーカーのリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)は、お客様への物流サービス向上、輸送効率の向上、業務効率化を目的とし、開発許可申請の認可を前提に、愛知県春日井市に新総合物流センター(仮称)の建設を計画しています。


新総合物流センター完成イメージ

新総合物流センターの建設予定地(愛知県春日井市)は、当社の主力生産拠点である大口工場(愛知県丹羽郡大口町)と瀬戸工場、暁工場(いずれも愛知県瀬戸市)の中間に位置し、主要高速道路へのアクセスにも優れており、効率的な物流体制の実現に適した立地です。

現在、製品本体の保管・出荷機能を担う総合物流センター(愛知県小牧市)と、補要部品・オプション品の保管・出荷機能を担うリンナイパーツセンター(愛知県岩倉市)とを、新総合物流センターへ集約することで、輸送効率の向上、業務効率化を図るとともに、さらなるお客様へのサービス向上に努めてまいります。

新総合物流センター(仮称)建設計画の概要

建設予定地 愛知県春日井市神屋町字大内地内
敷地面積 47,068m2(駐車場など関連区域含む)
延床面積 44,903m2 [5階建]
着工予定 2019年7月
竣工予定 2021年7月(稼動予定:2022年1月)
投資金額 約85億円

○ 本計画は開発許可申請の認可を前提としています。

 

 

ニュースリリースPDF版は、以下よりご覧ください。


(PDF/342KB)

 

本件についてのお問い合わせ先

リンナイ株式会社 広報部:052-361-8211(代表)

 

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。