ニュースリリース

2014年11月28日

経済産業省 北海道経済産業局主催 「北国の省エネ・新エネ大賞」受賞 電気×ガスの北海道向けハイブリッド給湯・暖房システム 快適な暖房性能と省エネルギーを実現

熱と暮らしを支える総合熱エネルギー機器メーカーのリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)は、平成26年度「北国の省エネ・新エネ大賞(北海道経済産業局長表彰)」の開発・製造部門において、電気とガスを組み合わせた北海道向けの家庭用ハイブリッド給湯・暖房システムで同賞を受賞しました。


北海道向けハイブリッド給湯・暖房システム外観

このたび「北国の省エネ・新エネ大賞」を受賞したハイブリッド給湯・暖房システムは、5kWクラスのCO2冷媒を用いたヒートポンプと、ガス潜熱回収型給湯暖房用熱源機(エコジョーズ)を組み合わせた、北海道向けのハイブリッド給湯・暖房システムです。効率の良いCO2ヒートポンプでベース暖房を行い、不足分をガスで追い加熱することで、厳冬期でも高能力な暖房が可能で、寒さの厳しい北海道向けのハイブリッド給湯・暖房システムとして、2012年9月から北海道限定で発売している商品です。

北海道では給湯と暖房の利用で家庭全体のエネルギー消費の7割以上を占めていますが、給湯と暖房のエネルギー源のほとんどを灯油に頼っており、石油給湯暖房機が普及しています。省エネ機器として、ヒートポンプ温水暖房機やガス潜熱回収型給湯暖房用熱源機(エコジョーズ)が開発されていますが、厳冬期の加熱能力低下や、高い光熱費が課題となり、普及の妨げとなっていました。従って、快適な暖房が可能で、光熱費を抑えることのできる省エネ給湯暖房用熱源機の開発が望まれていました。現地のニーズに応えるため、リンナイでは、寒いエリアでも快適に過ごせるよう、電気とガスを効果的に組み合わせたハイブリッド給湯・暖房システムを開発しました。本商品の快適な暖房性能と省エネ性、環境性に優れている点が評価され、今回の受賞に至りました。

「北国の省エネ・新エネ大賞」は、北海道におけるエネルギーに関する開発・有効利用及び普及に関し、著しい成果及び功績があり他の模範となる組織、個人を表彰することによって、省エネルギーの推進、新エネルギーの導入を加速させることを目的として実施するものです。12月1日(月)に、京王プラザホテル札幌で開催する「省エネ・節電対策セミナー」にて、平成26年度「省エネルギー・新エネルギー関係北海道地区表彰式」を開催し、本表彰受賞者への表彰状授与及び(一財)省エネルギーセンター北海道支部長表彰、北海道電気有効活用委員会委員長表彰をあわせて行います。

 

今後もリンナイは、リンナイ精神である「熱と暮らし」、「品質」、「現地社会への貢献」を継承し、省エネ性に優れた商品開発を継続し、地球環境に配慮した事業を推進してまいります。

 

 

ニュースリリース全文は、以下よりご覧ください。


(PDF/413KB)

画像は、以下よりダウンロードしていただけます。


(ZIP 圧縮データ/30KB)

 

本件についてのお問い合わせ先

リンナイ株式会社 広報室:052-361-8211(代表)

 

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。