ニュースリリース

2009年11月19日

「2009 CRMベストプラクティス賞」受賞

 リンナイ株式会社(本社:名古屋市中川区 代表取締役社長:内藤弘康)は、インターネットを活用したお客様との新たな関係づくりを推進するeビジネス事業において、「2009 CRMベストプラクティス賞」(主催:CRM協議会)を受賞しました。(授賞式は、19日東京都千代田区の主婦会館プラザエフで開催されました。)

 受賞理由は以下の通りです。

 「大学(慶應義塾大学大学院経営管理研究科)との共同研究によって、顧客分析をトライアルしている好例である。販売後の点検など サポート体制が重要とされる業務の特性を活かし、関連する要素を変数にしながら、優良顧客を定義し、プロモーション活動のベースを構築している。また、ダイレクト販売サイトでは、顧客の声を収集する仕組も構築している。今後は、モデリングの精度向上と顧客へのより良い提案の実施が期待される。」

 この受賞を受け、eビジネス推進室は、このモデルを当事業における戦略の重要ツールとして位置づけ、機能の充実を図りながら、お客様のニーズを的確にとらえたサービスの提供に努めてまいります。


※ 1 「CRMベストプラクティス賞」
最新のIT技術を活用して、先進的なCRM(Customer Relationship Management=顧客中心経営)を実施し、成果をあげている企業、官公庁、団体を公募し、その中から特に優れたものを「ベストプラクティクス賞」として選定し、CRM推進のモデルケース創りや人材育成として、広く役立てて行きたいという目的で贈られる賞です。

 

※ 2 「CRM協議会」
CRM協議会はユーザー、ベンダー、アカデミーが協力しながら、あくまでもユーザー目線で持って、日本におけるCRMのあるべき真の姿を研究・追求・推進し、企業会員と個人会員を募り、オープンでノンプロフィットの会員組織です。
 ⇒一般社団法人CRM協議会 http://www.crma-j.org/index.html

(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。