ニュースリリース

2005年11月17日

スターリング・エンジン技術を用いたコージェネレーション・システムの開発/販売提携

リンナイ株式会社(以下リンナイ)は、従来よりスターリング・エンジンの研究を進めておりましたが、この度ENATEC microcogen社(本社:オランダ)、 INFINIA 社(本社:米国)とスターリング・エンジン技術を用い、家庭用給湯(暖房)機に組み込んだコージェネレーション・システム(器具)の共同開発を開始いたしました。

スターリング・エンジンは1816年にスコットランドの牧師、ロバート・スターリングによって発明された外燃機関で、高い効率を有しながらも製作上の困難さから、 民生利用が遅れ、現在に至りました。しかし、今年2月に発効した京都議定書を起点とした、かけがえのない地球を温暖化から守る取組みのひとつとして全世界的な注目を集めつつある技術です。

このたび共同開発するコージェネレーション・システムは、コンパクトであること、負荷の追従性に優れていること、スターリング・エンジン部分についてはメンテナンスフリーが可能であること、等の特長があります。エンジンの発電能力は1kwクラスです。

スターリング・エンジンの生産はリンナイが担当し、2007年度の市場導入を目指します。

リンナイ 低温作動横縞形セルスタックの特徴

<関係会社の事業概要>

リンナイ株式会社

本社:愛知県名古屋市中川区福住町2番26号

資本金:64億5,974万円

事業内容:ガス機器の製造販売

社長:内藤弘康

従業員:3,146名

売上高:連結2,020億円(2005年3月期)

ENATEC micro-cogen B.V.社

本社:Westblaak 180, 8th floor, NL-3012KN, Rotterdam, The Netherlands

事業内容:スターリング・エンジンを用いた熱電併給システムの開発

代表者:Lucas Bekkering, CEO

従業員:約10名

INFINIA Corporation

本社:6811 West Okanogan Place, Kennewick WA 99336, U. S. A.

事業内容:スターリング式発電機と冷却装置の技術開発会社

代表者:J. D. Sitton, President, CEO

従業員:約80名

(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。