つながる
強さを、
知っている。

ルート営業 / 関西支社
T.S(2010年入社)

つながる
強さを、
知っている。

ルート営業 / 関西支社
T.S(2010年入社)

営業とは、売るよりも

信頼関係を築く仕事です。

都市ガス会社の販売店を担当し、自社製品を多くエンドユーザーさんに使っていただくための営業活動をしています。私たちの強みを一言で言うと“対応力”。現場で困ったときにいかに役に立つか。早く正確に情報を伝える対応の速さや、愚直に誠意を見せる姿勢はリンナイの営業職に受け継がれている良さだと思います。それ以外にも顔が見える距離でお付き合いすることも大切な事です。日々足を運び、色々な人と関係性を結ぶことで選ばれるようになる、つまり強くなっていくんです。今までで一番嬉しかったのは、ある商品が欠品になった際、「お客様(製品のユーザー様)には待っていただくから、製品が入ったらすぐに知らせてね」と言われたことです。他社製品であればすぐに工事ができたのに「リンナイ製を使いたい」と販売店の担当者に言っていただいたときは猛然とやる気が湧きました。相手の立場を考えたらすぐに納品したかったはずですから、それでも使いたいと言っていただけることは、本当にありがたいことです。一生懸命対応を磨き、顔を見せ、関係性をつくってきたからこそ、いただけた言葉だったと思います。

仲間と仕事を
することが、
最高の楽しみ。

学生時代はフットサルチームを自ら立ち上げて、運営をしていました。そこで気づいたのは皆で協力して何かを動かしていくことが好きだということ。当時も今も変わらないことは、すべてのことでチームプレーが大切だということです。困ったときは上司や先輩だけではなく、後輩にも連携をとりながら助けて貰ったり、反対に後輩から助けを求められたらすぐに対応したり…。営業職ではありますが、部署内のメンバーはライバルではなく仲間。一人で仕事をするよりも、仲間と仕事をする方が断然楽しい。何をやっても最終的には上司がいてくれる安心感があるから怖がらず提案もできますし、とにかくどんどんやれという社風にも感謝しています。今後は自分が代表者としてチームを動かしていきたいと考えています。社内でも社外でも信頼を紡いていくことは同じ。リーダーになったとしても現場を回ってるのはメンバーのため。自分がしてもらったように、何かあればすぐ飛んでいけるような存在になりたいですね。

※掲載内容は取材時のものです

一覧へ戻る