更新情報

2007年02月09日

弊社の開放式小型湯沸器による一酸化炭素中毒事故について

弊社は、2月7日に発生した弊社製の開放式小型湯沸器による一酸化炭素中毒事故を踏まえ、過去の事例を確認したところ、 同機種及び類似機種で4件の死亡または負傷事故が発生していることを確認しました。
開放式小型湯沸器をお使いの消費者の方におかれては、使用の際には、必ず、確実に換気が行われている状態を確認するようお願いします。
経済産業省からの指示を受け、今後早急に事故の原因究明に取り組んでまいります。

1.経緯

2007年2月7日、神奈川県において、弊社製の開放式小型湯沸器(不完全燃焼防止機能付き)による死亡事故が発生しました。
当該事故は、一酸化炭素中毒によるものとみられています。
過去の事故事例を調査したところ、同機種及び類似機種で過去に4件の死亡または負傷事故が発生していることを確認しました。
現在、当該事故の原因究明について調査を行っているところですが、引き続き、事故の共通原因の有無の確認作業を行ってまいります。

2.対象型式

  1. RUS-5RX
  2. RUS-51BT
  3. RN-405SD(東京ガス型式)

3.今後の対応

経済産業省からの指示を受け、早急に事故の原因究明に取り組んでまいります。

(本発表資料のお問い合わせ先)
リンナイお客様センター
フリーダイヤル:0120-054-321

(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。