生物多様性保全への対応

社会の持続性を支えている生物多様性への対応は、今や人類にとって急務の課題です。当社は、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)の生物多様性宣言に賛同し、事業活動と生物多様性とのかかわりを認識し、保全に向けた取り組みを始めています。

生物多様性保全に対する考え方

当社は、ISO14001:2015の環境方針へ「生物多様性への配慮」を組み込み、下記方針に基づき活動を進めています。

当社の生物多様性方針

1. 課題認識 リンナイは、生物多様性保全を企業存続のための重要課題の一つとしてとらえ、環境方針に組み込みます。
2. マインドの醸成 リンナイは、敷地周辺における保全・緑化活動など、自然に触れる機会を通じて生物多様性への理解を深め、環境マインドの醸成に努めます。
3. 生物多様性に寄与する事業活動の推進
リンナイは、事業活動と生物多様性とのつながりを理解し、従来より実施している環境負荷低減への取り組みを通じて生物多様性が保全された環境づくりをめざします。
4. 情報公開 リンナイは、生物多様性に関する方針や取り組みを社内外に公開し、地域連携・協力関係の構築をめざします。

マインドの醸成

UNDB-Jが推進するMY行動宣言への参加

敷地周辺における保全への取り組み

自然観察会の開催

特定外来生物の駆除活動

事業活動と生物多様性とのかかわり

各事業所では日々の環境負荷低減への取り組みを通じて生物多様性保全へも寄与する活動(CO2・廃棄物・大気・水など)を推進しています。

リンナイグループの事業活動と生物多様性とのかかわり