地球温暖化防止

省エネルギーへの取り組み

当社は、省エネ法に基づく「特定事業者」として、エネルギー管理方針・目標などを定めてエネルギーの合理的な使用に取り組んでいます。
モノづくりにおける整流化の推進は、生産性の向上、そしてトータルエネルギーの大幅削減に寄与すると考えています。プレスから組立(梱包)までの「一貫生産体制」を基本とし、日々の業務の中で、あらゆるロスがエネルギーのロスにつながるという意識で運搬・手待ち・在庫などのロス低減に向けた取り組みを行っています。

省エネルギーへの取り組み
リンナイグループの環境に配慮したモノづくりイメージ(抜粋)

CO2排出量原単位※1を22%削減【対象:リンナイ】

環境行動計画「7E戦略」では、2016年度までにCO2排出量原単位を2009年度比7%以上削減するという目標を設定し、2016年度は22%削減しました。

排出量原単位を22%削減

(※1)CO2排出量原単位:リンナイの定める単位基準あたりのCO2排出量。毎年1%以上の削減を目標としている。
算定範囲:リンナイ株式会社

主な省エネルギー活動実績

更新・新規導入(投資あり) 高効率照明・高効率空調機器への更新、高効率自動販売機への更新など
運用の最適化(事務系) 照明の間引き、空調温度管理と使用抑制、エレベーター使用の自粛、長時間離席時のOA機器の電源「切」・スタンバイモード設定、コピー機稼働時間の短縮(両面印刷・Nアップ設定の徹底)、給茶機の使用時間短縮など
運用の最適化(製造系) 生産設備の集約、コンプレッサー設定圧力・始動/停止時刻の最適化、炉の使用効率改善による稼働時間の短縮、ボイラーの排熱利用など
その他 早朝残業制度の導入と夜残業の制限(早朝時の冷房不使用)、電力監視システムによるピーク警報の発令、クールビズの早期実施と実施期間の拡大、エアー漏れ撲滅活動、もったいないパトロールの展開、グリーンカーテン・よしずを利用した空調負荷抑制など

サプライチェーンにおける環境改善の推進

  • 倉庫エリアへLED照明を導入(リンナイパーツセンター)
    倉庫エリアへLED照明を導入
    (リンナイパーツセンター)
  • 炉の効率化による省エネ貢献(能登テック)
    炉の効率化による省エネ貢献
    (能登テック)
  • 事務所のグリーンカーテンの様子
    事務所の
    グリーンカーテンの様子

再生可能エネルギーの利用

当社グループは、国内・海外拠点において、太陽光・風力などの再生可能エネルギーの利用促進に努めています。2016年度における年間総発電量は5万kWhでした。

  • 小型風力・太陽光発電装置(本社駐車場)
    小型風力・太陽光発電装置(本社駐車場)
  • 太陽光発電装置(技術センター)
    太陽光発電装置(技術センター)

物流改善

省エネ法の「特定荷主」として策定したエネルギー使用の合理化計画に基づき改善活動を推進しています。

物流改善

エコドライブへの取り組み

販売時における取り組み