品質への取り組み

品質に対する基本姿勢

品質基本理念 品質方針

当社では「ガス機器も飛行機と同じ。何か不具合があれば大きな事故につながる」という考えのもと、「安全・安心」を重視した事業活動を進めています。これはガス機器をはじめとする熱エネルギー機器は、少しの不具合や故障、誤った使い方などによってやけどや一酸化炭素中毒、火災、爆発などを引き起こす可能性があり、最悪の場合は死亡事故にまで発展してしまうからです。かつては台所のコンロが火元の火災事故、最近では浴室内におけるヒートショックによる死亡事故などが大きな問題とされました。「安全・安心な商品を世の中に送り出す」というメーカーとしての基本的な使命を果たさない限り、当社がメーカーとして持続的成長をすることは考えられません。

「不良品を世の中に出さない」「自社の商品によって事故が発生しない」ようにするためには、商品が生まれ、使われ、寿命を迎える日まで、「安全・安心」を確保する活動を行っていく必要があります。そこで当社では「安全・安心」にこだわりぬいたモノづくりを進める一方、商品が消費者の皆様の手に渡っても「安全・安心な使い方」を常に呼びかけていく啓発活動を積極的に推進しています。

「ゼロディフェクト」を追求

モノづくりにおける基本方針として「商品の自社設計」「重要保安部品の自社開発・内製」「生産設備の自社設計」が挙げられます。熱に関わるコア技術および重要保安部品の自社開発・当社グループ内での生産、生産設備の自社設計は大きなポイントです。設計段階から「安全・安心」を確保するとともに、万が一、不具合や故障が起きた時に、すぐに原因を突き止め、改善できる体制を取っています。さらにモノづくり(開発、生産)、商品の販売・使用・アフターサービス、廃棄に至るまで、全ての段階で不良を一切発生させない「ZD(ゼロディフェクト)」活動にも力を注いでいます。
※ゼロディフェクト(zero defect):無欠陥、不良品ゼロ、無欠点

なお、当社が考える「品質」とは、単に不具合や故障を起こさないことを指す言葉ではありません。ガス機器をはじめとする熱エネルギー機器を通して「快適な生活」を提供することも「品質」であると考えています。

安全・安心を追求した商品開発

ガス機器における危険な事象には、ガス漏れや不完全燃焼、やけどや火災など様々なものがあります。これらの危険を招く原因を排除し、いかに安全なガス機器をつくりあげることができるかが開発部門に課せられた使命。例えばガスコンロには立ち消え安全装置や天ぷら火災防止用の温度センサー、あるいは特別な設置条件の給湯器に搭載されるCOセンサーなど、現在までに数多くの安全装置が搭載されてきました。設計部門においては、あらゆる使用環境においてこれらの安全装置が機能すること、長い使用期間にわたって安全性能が維持できること、そして万が一機器が故障した時は安全な状態で停止する「フェールセーフ」の実現など、使用開始からその商品が寿命を迎える日まで安全性を維持する「未然防止」の考え方を基本に、設計段階から安全のつくりこみを行っています。また、シミュレーションを活用した解析や厳しい評価基準による各種試験を数多く行い、その結果を検証する会議での確認を経て、次のステップに進む仕組みを構築し、設計に起因する不具合をゼロにする取り組みを進めています。このほか過去の不具合を二度と繰り返さないための品質会議や過去のノウハウを次の世代の従業員へ伝える勉強会を開くなど、「安全・安心」な商品の開発に向けた情報の共有・教育も積極的に進めています。

開発本部 第二商品開発部 厨房機器設計室 西口 和志
開発本部 第二商品開発部
厨房機器設計室 西口 和志
実機を用いてあらゆる環境下での使用状態を確認し、開発に生かす
Siセンサーコンロの開発・設計で重要なポイントは、外部環境の影響を考慮することです。ガスコンロは直接火が出るものであり、誤った使用による火災ややけどの危険性を排除することは困難ですが、安全を確保するためには、どのような状況で使用されるのか、お客様はどう使うのかなど、ありとあらゆる事態を想定して、問題点を解決しています。そのため実機を用いて炎の形や色、風の影響、ガスコンロの構造や設置場所による影響などを確認するほか、様々な調理方法を実際に行うなど、多角的な検証を行っています。

高品質を確保するためのモノづくり

当社の生産技術の基本的な考え方は「加工した段階で正常な商品ができる」というもの。品質をつくりこむ「自工程完結型」業務を行っています。商品の企画・設計の段階から製造部門が関与し、加工・製造に関する豊富なノウハウを生かし、自社の技術や生産設備から開発が意図した性能を実現することができるか、安全・安心な商品になるか、作業する人がつくりやすい形になっているかなどを検討。開発部門とつくりこみをしたうえで生産を行います。生産設備に関しては5M(Man:人、Machine:機械、Material:材料、Method:方法、Measurement:計測)を念頭に自社で設計・製作。設備の不備が原因となる不良を発生させないようにしています。製造現場では、QC活動、改善提案など改善活動に力を入れ、強い製造現場づくりをめざしています。製造工程のムリ・ムダを見つけ、それを1つずつコツコツと改善していく地道な活動を継続し、昨日より少しでも良い現場をめざしています。また、モノづくりは人づくりの考えのもと、こうした改善活動を通じて、モノづくりの思想・技能・技術を継承する人材育成にも力を入れています。
一方、海外拠点においては現地の市場などその国・地域に合ったモノづくりが求められます。日本の品質は、国際的にもトップクラスであり、海外でも高く評価されています。例えば、リンナイインドネシアでのガスコック生産立ち上げの際は、現地の従業員が来日し、日本で当社のモノづくりの哲学を徹底的に学び、日本の従業員と一緒に生産ラインを準備し、現地で立ち上げました。「品質こそ我らが命」を基本に、今後も国内外で「安全・安心」で高品質なモノづくりができる体制を構築し続けます。

機械と人による検査で「安全・安心」を確保
ガスコンロ組立ラインでの温度センサー全数チェック
ガスコンロ組立ラインでの
温度センサー全数チェック

[機械による検査]
Siセンサーコンロが正しく鍋底の温度を検知するかについて、工場では設備による自動検査を行っています。検査装置は「温度センサーの熱を感知する部分」に熱したヒーターを当て、その温度感知によりコンロの燃焼状態が小火モードから消火へと、正しく変化するかを自動検査しています。組立ラインでは全数に対して、この検査を実施しています。

[人による検査]
機械では判定ができない部分については、組立ラインの製品検査工程で、人が検査を行っています。実際にガスコンロに火を付け、正常な燃焼をしているか、ガスの動圧時に漏れがないかを検査します。この製品検査を行う際には、ガスコンロに関する高度な知識が必要となるため、社内で実施している製品検査員試験に合格した従業員のみが担当しています。

取引先様との改善活動

品質向上活動の活性化

  • 全社QCサークル大会
  • 全社QCサークル大会
全社QCサークル大会

社員1人ひとりの問題解決の能力向上や組織の活性化をめざし、小集団活動:QC(Quality Control)サークル活動を展開しています。グループ会社を含め積極的に活動し毎年9月に開催する全社QCサークル大会で優秀サークルを表彰しています。